司会を始めた平成時代に手を振る日

カテゴリー/ 佐々木美穂のブログ |投稿者/ Office RUBY

今日で平成時代が…
各局TVはこの30年を振り返り…
いろんな思い出が走馬灯のように蘇りますね。

“今日が明日になると平成は昔になる”
の言葉に
私なりに感慨深い思いで
あと数時間を過ごす事になります。

 

 

司会デビューして
無我夢中でマイクを握る機会を増やした頃の事、

婚礼は勿論の事、口上が覚えられなくて
必死で自分なりの台本を作っていた日々の事、

でも…

花嫁衣裳の和装の御髪
“文金高島田”(ぶんきんたかしまだ)を
ぶんきんたかしまだいら”と言ってしまったり

  “振袖(ふりそで)”と “打ち掛け(うちかけ)”を
どこで何を混乱したのか
おもわず
ふりかけ
と言ってしまったり…と。

 

そして

師匠に
「プライドばかりでは先に進めないぞ!!」と
叱咤された日の事、

諸先輩のご意見に若さゆえ
生意気にも自らの意見をぶつけた日の事、

1日に何本も抱えた司会がまとめられなくて
“延長(えんちょう)先生”と(笑)言われた頃の事、

 

そんな年月が過ぎ…

あまりにもタイトなスケジュールが普通になり
週に2日もOffがあると

何をしてよいのか 戸惑いはじめた時、
気が付くと
「佐々木さんなら大安心~!!」
というお言葉を頂けるようになり、
(上手い ではなく あんし~んの言葉にはこんな感じ→(゜゜)ではありますが)

 

 

そんなこんなの平成時代の沢山の思い出が
今はとてもとても愛おしいです。

新人の頃の
いろんな失敗や様々なアクシデントも
当時 切磋琢磨した仲間と会う度に
エンドレスな微笑み話として
それさえも愛おしいです。

 

もう数時間で その“愛おしい平成”に手を振り
新たな時代を迎える事に
寂しさは隠せませんが
歩んできた道のりを抱きしめて
迎えたいと思います。

家のマンションから見た
爽やかなグリーンとホワイト

大好きな人に花の名前を聞きました…
山法師(やまぼうし) だそうです。

迎える “令和”は
皆が心健やかに豊かな時代にします。

 

平成31年4月30日(火曜日) 22:10
佐々木美穂

 

Top